私のエステ体験日記

家の近くにショッピングモールができました。

 

私は、新しいモールへ友だちと遊びに行き、色々なショップを覗いて楽しく過ごしましたが、そこにエスニックサロンがあるのに気づきました。

 

その日は、友だちが一緒なので、エスニックサロンには寄りませんでしたが、何となく気になってはいました。

 

「えっ! これは、あのショッピングモールにでかたエステのちらしだ!」

 

エステといえば高額なイメージがあり、普通の主婦には少し敷居も高いところです。

 

「お試しコース? これぐらいなら、良いかも」

 

どきどきしながら、予約の電話をかけ、エスニックサロンへと向かいました。

 

お試しコースには、美白、乾燥肌、小顔、汚れ落とし、と何個かのコースがあり、思わず、全部! と内心で叫びました。

 

「美白コースでお願いします」

 

真面目に日焼け止めを塗らなかったので、このところシミが気になっていたのです。

 

「こちらに着替えて下さい」

 

差し出されたバスローブに、ロッカーで着替え、エステ椅子に座ります。

 

ゆっくりと倒されて、髪をヘアバンドでまとめられ、エステの開始です。

 

エステに行くので、素顔のノーメークだったのですが、メーク落としっぽい液体をコットンに含まされた物で、軽く拭かれました。

 

「先ずは、クレンジングで肌についてる汚れを落とします」

 

ふわふわの泡もどきが、顔に塗られているらしいのですが、目をつむっているので、何がなにやらわかりません。

 

「ミストで毛穴の汚れも落とします」

 

暖かな蒸気で、気持ち良くなり、マッサージまでは記憶がありますが、肝心の美白パックの頃には、夢の中でした。

 

顔に冷たいどろどろ海草パックが触れた瞬間は、目を覚ましましたが、エステシャンの蘊蓄を聞きながら、爆睡体勢になったみたいです。

 

「お客様、終わりましたよ」

 

エステ椅子をおこされて、目がさめました。

 

「ほら、こんなに美白効果があります」

 

色々な説明も上の空でしたが、気持ち良かったのは確かです。

 

その後、応接セットで、お茶を飲んでる間に、エスニックサロンの会員になり、まとめた金券の方がお得だと言われ、十万円を支払いました。

 

ぼんやり寝起きの頭で、決めてしまったのは良くありませんが、ちゃんと通って使いきったので、それはそれでOKです。

 

美顔エステ、とにかく眠れます!

■当サイトに関する注意事項 当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 エステ体験のお申込みにあたっては、サロンの公式のサイト、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当方ではサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできませんので、各サロンに直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。